レターイメージ

現代社会においては、インターネットの普及や電子メールの普及とともに、手書きでの手紙を送る機会は非常に少なくなっていると思われます。

若い世代においては、オンライン上で他の人とコミュニケーションをとる手段が豊富にあることも、その使い方も熟知していますので直接手紙を書くこともほとんどないかも知れません。

しかし、父の日・母の日・結婚記念日などの特別の行事のときの、大切な人へのメッセージは電子メールなどの手段よりも、手書きのメッセージの方が心のこもったものとして受け取ってもらえるでしょう。

そんな数少ない手書きのメッセージを送る機会には、便せんはもちろんオリジナル封筒で個性を演出するとともに、その記念日自体の演出も丁寧にしておきたいものです。

オリジナル封筒とは、市販の茶色のものや予めデザインの印刷されてあるものではなく、自分自身が気に入ったデザインや手書きのデザインなどで構成された、世界に一つだけのオリジナル封筒のことです。

手書きのメッセージが相手に喜ばれる理由の一つに、便せんなどに丁寧に書かれた文章そのものが、手作り感のある一つの作品として受け取られることにあります。

それと同じように、母の日であればお母様の似顔絵を描いたものや、その素材からこだわったものまで制作できますので、手紙だけでなくその文書にも手作り感を演出することが可能になります。

大切な人に贈る特別な日のメッセージには、手書きの文章と手作り感のある文書や手紙で心をこめたイベントにしましょう。